スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
携帯電話を求めて2 Heart Craft
金曜の暴風雨を経て、この3連休はまさに運動会日和。
日曜日も、真っ青で高い空が美しい、さわやかな秋晴れだった。

休日にふたりで(電車で)外出するのは久しぶり。
なんとなく、結婚前のデートを思い出してしまった。
・・・なつかしい・・・。

というのはともかく。

やってきたのは表参道。
目的は、金曜にネットで見つけた
「Heart craft アトリエ」
である。




heart craft 本

10月17日全国でこの本が書店に並ぶ。

内容は、W41CA内に生息?するペンギンと、
W43CAで仲間に加わる動物たち、また新テーマ「街」を
物語風に紹介している。
携帯のスタイリッシュな雰囲気をそのままに、
どこか懐かしい、やさしい雰囲気にあふれた一冊だ。
著者は城聡子さん。
カシオ携帯電話のモノづくり思想『Heart Craft』メインデザイナーの1人であり、
W41CA、W43CAをはじめとした携帯デザインを手がけている方という。

で、それに先駆け、表参道のギャラリーの一階にて、
このカシオワールドに触れられるちいさなアトリエが
期間限定で行われているのだ。
詳細はこのカシオのニュースリリースにて。
前掲のアトリエのサイトは、
Flashでアトリエを紹介する、世界観に満ちたページで
とてもおもしろい。
(ギャラリーそのものもなかなか趣がある。ここをクリック。




前置きが長くなったが、
このペンギンだいすきな夫とともに表参道駅に到着。
休日の人ごみを避けつつ、脇道に入ると、
驚くほど人気のない、閑静な住宅地が広がっていた。
5分ほど歩いて見つけたのが、前回の日記のはじめに載せたペンギンの看板。
身長160㎝の私と同じぐらいの「等身大」のペンギンは
携帯でうごきまわっていた彼そのままだった。

ペンギンの示す方向に進めば、アトリエの看板が見えてきた。
入り口

以下は、夫がW41CAで撮った写真。

アトリエ内部の机

ペンギンが締め切りに追われつつ?作業しているという設定の、テーブル。
デザイン中のページが開かれたノートがある。
小物もペンギン型。ペンギン型水差しは残念ながら非売品。

窓

窓。W43CAで「仲間」になった動物たちと、そのコミカルな解説が
見られる。

仲間たち

窓の下には木製らしき動物たち。
ペンギンは外で道案内しているためか、ここにはいない。

デスク

また、前掲のギャラリーサイトを閲覧できる机もある。

イタリア南部で見たロレーナの親戚宅に似ていて、
ヨーロッパ調で白壁のシンプルなインテリアと、
このペンギンたちの雰囲気がとてもよくあっていた。

店内ではデザインのポストカードがフリーで配布されている。
また、ブックカバーやタンブラー、マグネットなど
なかなかステキな小物を購入することもできた。
価格は、こういったデザインものにしてはかなり安いと思った。


携帯電話に何を求めるかは、人それぞれだ。
外見とともに内部のデザイン性、個性を求める人が増えているのは、
待受け画像・フラッシュの配布サイトが
かなり多いことからもよく分かる。
それをプリインストールで、機種そのものの特徴にしてみたら、
ご存知の通りW41CAはかなりの人気を博した。
もちろん機能性が伴ってこその人気だけれど。

脱線するのかもしれないが、
私が一緒に住んでいる夫も、みそちゃんもこたろうも、
それぞれが性格も特徴も持って、ルーチンかつランダムな日常を
ともに生きている。
時に飽きあきしたり悪い点が目に付いたりもするが、
表面上の変化以上に、彼らの変わらぬ根本的な個性が
お互いを癒したり安心させたりして、なにより愛着をわかせてくれる。

携帯電話市場は、もうかなりのところまできていて、
来年あたりから機能の向上などが鈍化し、
機種間の差別化が難しくなってくる、というようなことを小耳に挟んだ。
だからこそデザイン、といっていては、そのうちあきられてしまうだろう。
ただのデザインやマスコットではなくて、
個性としてのキャラクターが「立った」もの、
例えば時間の変化などの、使用する人の日常と共に生きることのできる
工夫と変化と一貫した世界観のあるもの、
そういったものが、コンセプトという一言で表されて
可能性を見出され、多くの賛同を受けたのだと思う。


私はそれがとても気に入ったし、
その路線が一代限りでおわってしまうのか、
またこういう面白みのある趣向をつかった販促と演出で出される
新機種がどういったものなのか、
是非自分で使ってみたいと思った。

ネットでいろいろ調べてみると、W43CAはちょっと動作が重いらしい。
まあ、それも味ということで、自分としてはOKだと思った。



やたら長くなったが、こういうわけで、
私はカシオの秋の新作を購入することに決めた。

(たぶん続く)




スポンサーサイト

テーマ:携帯電話 - ジャンル:携帯電話・PHS

【2006/10/09】  この記事のURL | プロダクトデザイン | CM(3) | TB(0) | ▲ top
携帯電話を求めて1 きっかけはオレンジ色
W41CAペンギン@表参道(記事は来週)


なんだかウンチクみたいなことを書いてしまいそうだけど、
まあ久々なのでご愛嬌。

プロダクトデザインって何よ」といわれて、私が説明できることはそう多くない。
だが、ふらふらと
定まらなかった自分の興味や嗜好がはっきりしてきたここ最近、
どうも私がよく反応するテーマがこのあたりにあることが分かってきた。 


この秋から冬に、携帯電話を新調することに決めていた。
その決め手となりそうなポイントも、このあたりにあるようだ。


どうでもよいことかもしれないが、
プロダクトデザインについて私が理解している範囲で簡単に言えば、
それまでバラバラだったニーズである
デザイン志向、機能性、使いやすさ(人間工学)
を組み合わせ、「スタイリッシュ」「高機能」「体に負担をかけない」というような
コンセプトや標語をかかげてマーケティングされるようなもの、じゃないかと思っている。


というか、この手の商品に私がマーケティングされた結果出来上がった知識といえるだろうか。


ともかく、私は便利で見栄えのよい+新商品、に惹かれる。
特に携帯電話は成長著しく、季節ごとに新機種や新サービスが増え、広告合戦もまた面白い。
私はあたらしいものが出るといつもチェックして「ふんふん」といいながら、
携帯電話がどこに行こうとしているのか、傍観するのがすきだ。


 W31T 白いやつ。


そんなこんなで、私が帰国してすぐ加入したauの、W31T(写真)が、
使用13ヶ月目に入った。
薄くて画面が大きく、PCで好きなブランドである東芝製で気に入っているのだが、写真がぶれやすく撮りにくいこと、外見はよくても内部のデザインがおもしろくないことがちょっと気になる点だった。 そんなとき、半年ぐらい前に夫が衝動買いしたのが、カシオW41CA
言うまでもなく、この春夏にバカ売れしたらしい、かなり魅力的な機体だ。


オレンジ色の機体は、極薄というわけではないけれどスタイリッシュで、おもぼったくない。
手振れ防止機能がついているというカメラは、写真がとても綺麗に撮れて、 PCで見ても、
私のデジカメで撮った写真以上にクリアで明るいフォトになる。
このあたりは、さすがカシオ、といったところだろうか。


W41CA スペシャルサイト

そしてなにより、ステキなのが、
テーマ性にあふれた待ち受け画面。
これもかなり有名だが、アデリーペンギンの影絵が、
ランダムで変わるシンプルで抑えた色合いの
カラーのみの背景の前で、
ラジオ体操をしたり、好物のさかなを追っかけたり追いかけたり、
空を飛びたくて憧れたり、なんとも表情豊かにうごき回る。
さらに、待ち受けだけでなくて、手紙を送りにポストに行くアニメなどが
メール送信やネット接続中などに表示される。
これがとても面白くて、かわいい。


たぶんデザインのページ(に飛ぶはず)

携帯を開閉するたびに変わる画面を
何度も夫に見せられて、食傷気味のような気がしていた。
一応私が購入検討に入れていたのは、
日立と東芝とカシオの新製品。東芝にちょっと傾いていた。

が、ちょっとしたことで、このペンギンのデザインが
ギャラリーで見られるということが分かった。
これは行ってみたい。

ということで、夫と二人、秋晴れの空の下
えっちらおっちら表参道まで行ってきたのだった。

つづく。

テーマ:携帯電話 - ジャンル:携帯電話・PHS

【2006/10/08】  この記事のURL | プロダクトデザイン | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。